xjrのマフラーでバイクの音は変わる

xjrのマフラーの「モリワキ」「SP忠男」

人気のxjrのマフラーですが、やはりバイクのパーツのマフラーによって、そのバイクの音が変わるようです。

 

バイクを飛ばしている時に違和感のある音では、せっかくのバイクで走る爽快感も台無しですよね。

 

xjrのマフラーについては、モリワキ、SP忠男などの製品があるのはみなさん知っているでしょうが、モリワキの音は比較的上品です。

 

そして、SP忠男は大きめという評価がネットででています。わりとエグテックが大きな音でいいという人もいるみたいですね。

 

しかし、ノーマルのままのxjrのマフラーで、それなりの走行距離を走れば、走行中に気持ち良い音を響かせるようになります。

 

あなたがもしバイクを買ったところなら、焦ってマフラーを交換する必要はないでしょう。もしxjrのマフラーとなれば10万前後の値段にはなります。

 

ヤマハが製造ネイキッドタイプの空冷エンジン搭載型のオートバイ

ヤマハ・XJRシリーズ

このヤマハ・XJRは、ヤマハ発動機が製造しているネイキッドタイプの空冷エンジン搭載型のオートバイ、つまりネイキッドタイプというのは、カウル(覆い)のないヨーロピアンタイプのオンロードバイクのことです。

 

クラシックタイプのバイクについては、ネイキッドとは呼びません。
バイク、xjrの正式な読みはもちろん「エックスジェイアール」ですが、愛用者が呼んでいる愛称としては、「ペケジェイアール」や、「ペケジェイ」で通っているようです。

 

このヤマハ・XJRシリーズで最初に発売されたのはxjr400です。ヤマハ・XJRの販売は1993年からです。
これは昔から発売されていたxjシリーズのイメージを踏襲しています。ヤマハ発動機は、なんとxjr400を「空冷最速のネイキッドタイプ」とする意気込みで開発したそうです。

 

そしてxjr400は、同時期に発売された本田技研工業のネイキッドタイプ・CB400 SUPER FOURとライバル車種と目されました。

 

xjr400は、発売二年後の1996年に、XJR400Rとしてモデルチェンジされました。そして、その後も数年おきにモデルチェンジして再生産されているのです。

 

 

xjr1200・xjr1300のシリーズ

xjrとして人気があるのはxjr1200・xjr1300のシリーズでしょうか。
xjr1200が発売されたのは1994年です。

 

これはXJR400の大型自動二輪車仕様という位置付けでした。
そのエンジンは、4ストローク空冷・並列4気筒というものです。

 

車種も本田技研工業のCB1000 SUPER FOURと注目されました。
このxjrを1998年にフルモデルチェンジして発売されたのが、有名なxjr1300です。

 

このバイクのエンジンは、以前と同じ4気筒のものでしたが、排出量が1188ccから1250ccと大きくなりました。

 

その後xjr1300は、2000年、2003年、2006年と意外とマイナーなモデルチェンジを繰り返しながら再生産され続けたのです。
今では国内屈指の人気バイクとしての地位を確立しています。


関連ページ

エイシン工具
エイシンの工具は主にネット販売やカタログによる通信販売が行われています。